HOME > ひらそるキャンプ

2012年1月7日〜8日 ひらそるウィンターキャンプ&アクアマリンの旅

写真
 あんまり外遊びができなかっ た2011年。
 年が明けた2012年は、た くさん体を動かしたい!
 フォレストパークあだたらで思いっきり雪遊びをして、

 翌日は震災から見事な復興を 遂げたアクアマリンふくしまを
 見に行こう!

   今回も、はるばる奈良県から畿央大学のお兄さん、お姉さんが応援に駆けつけてくれました。
     どんな二日間になるのかな。


  1日目は、フォレストパークあだたらで雪遊びです。

写真写真



  アイスブレイ クの後は、ダンボールを
 使ったそりを作ります。



 ダンボールのマイそりも、フォレストパークの米子さんがプレゼントしてくれたビニール袋の
 そりも 滑る!滑る!!
寒くても、冷たくても、気持ちいい〜!

写真写真写真写真


写真

写真

夜は、畿央大学の皆さんが、奈良から持って 来てくれ たたこ焼き器を使い、みんなでたこ 焼きを作りに挑 戦です。          クルクル 上手にひっくり返し て、美味しい  たこ焼きの出来上がり♪           楽しい夜は、あっという間に過ぎていきます。




 2日目は、震災を乗り越えて再開したいわき市のアクアマリンふくしまへ。

     写真 写真 

 

 アクアマリンに戻ってきたお魚や
 動物達に会いにいきます。




写真
写真
               
  館内には、全国から寄せられた応援メッセー
 ジや、放射線に関するQ&Aのコーナーも。


写真

 
 
 展望スペースに登り、海に向かってお祈りしました。
 いわきの海は静かにキラキラと輝いています。





  アクアマリンエッグでの釣り体験。釣ったお魚は、その場で調理し、 美味しい唐揚げにして
  もらいました。命に感謝していただきます。

写真写真写真写真

写真


 予定時刻ぴったりに、二本松市役所着。

 お迎えのお父さん、お母さんと記念撮影。

 次に会う時まで、みんな元気でね!





   ※ひらそるウィンターキャンプの模様は、畿央大学の HP
   「KIO’S SMILE SITE」でもご覧いただけます。

    http://www.kio.ac.jp/information/2012/02/post-474.html

写真





▲ページトップに戻る


2012年9月15日〜16日 ひらそるキャンプ&勉強会 in 相馬

 ひらそるキャンプは、アットホーム大玉で開催。

 2日目は、福島県沿岸部で津波と原発事故の爪痕が残る相馬に行きました。
 今なお道路脇にうず高く積まれる瓦礫の山、草ぼうぼうの田畑、警戒地区の入り口の検問。
 言葉をなくす風景が広がっています。

 津波で壊滅的な被害を受けた磯部地区の浜辺では、相馬市秘書課の横山さんにお話をお聞き
 しました。殉職した10名の消防団の皆さんは、どんな思いに突き動かされていたのでしょう。

    ☆ 相馬市長メールマガジン 2012/8/31 ☆


  
相馬市「原釜幼稚園」。
 幼稚園は数百メートルのところで津波の被害をまぬがれましたが、園長先生の自宅をはじめ、
 多くの園児の家が被害にあいました。                
 それでも、命は続いていきます。強く優しい人達に守られて・・。                 
  
☆ 「1日、2日なら前向きになれるけれど」☆


▲ページトップに戻る

2013年3月9日〜10日 ひらそるキャンプ&ボランティア研修会

  早春のフォレストパークあだたらで「ひらそるキャンプ」                       自然観察講師をお招きし、春の息吹をさがします。


  その後は、オリジナル缶バッチと灯明づくりのワークショップ。                   3.11から丸2年。みんなで並べた灯明に手を合わせ ます。


 ひらそるボランティア研修では、 
 人形劇公演のお手伝いの仕方を 
 勉強しました。
       

 ボランティアデビューのみんな、 
 楽しんで行こう!



  ※ちびっこボランティアの奮闘ぶりは、人形劇「かみなりさまのたいこをさがせ!」

▲ページトップに戻る



2014年1月3日〜5日 ひらそるニューイヤーーキャンプ&スパリゾート&福島研修



  寒くて身体がちぢこまっちゃう冬だからこそ、おもいっきり遊んでリフレッシュしよう!
  今年のひらそるキャンプは、冬と夏を両方楽しむ欲張りキャンプです。

                 
写真



  今年も奈良県の畿央大学から、
  協力な助っ人が参上!







  子ども達と一緒にバスに乗り、雪の中のフォレストパークあだたらに到着。
  まずは、アイズブレイクで身体と心を溶かします。
写真
 

                 一枚の新聞に何人乗れる? 



 ジャンボバルーンは、ふんわりゆっくり。
 ボワンとしたさわり心地も最高です。
写真












写真


  缶バッチつくりのワークショップは、
  中学生メンバーが講師役です。
  3年前は小学生だったのに、今やすっかり
  ステキなお兄さんに成長しています。






  3.11に想いを寄せ、心を込めて灯明をつくります。出来上がった作品を手に記念撮影。
写真写真

写真



フォレストパークの自然に囲まれて、
仲間と過ごす大切な時間。









  翌日は、気分一新。
  雪のフォレストパークあだたらから真夏のスパリゾートハワイアンズに移動します。

写真写真


  
               運動不足を解消するぞ〜!!

写真写真


写真


外はやっぱり寒いけど、
たくさん遊んで心はHappy!
次は、いつ会えるかな〜♪









  3日目は、ふくしまを知る研修会。
  畿央大メンバーに加え、昨日合流した福島大学、いわき明星大学のOBが参加し、
  宿泊した福島県男女共生センター職員の方から、3.11後のお話をお聞きしました。

写真
3年前、この施設は放射線スクリーニング会場となり、職員の皆さんも白い防護服を着て職務にあたったそうです。
向かいの小学校の校庭にはヘリコプターが発着し長時間続くプロペラの騒音が街を覆います。
現実とかけ離れた異様な光景の中で、一市民として、母として迷い、決断していく貴重なお話をうかがうことができました。




 晴天の霞ヶ城。穏やかで、美しく、平和な風景がひろがります。
 参加してくれたメンバーの心に、「ふくしま」はどんな風に映ったのでしょう・・。
写真写真


  ※ひらそるニューイヤーキャンプの様子は、畿央大学公 式ブログ「KIO Smile Blog」で、
         尾西萌さんが報告してくれています。

     「ひらそるニューイヤーキャン プ」で福島県へ!
     

  ※のびのびプロジェクトfacebookの2013年1月2日〜1月5日の投稿では、          みゆっきーこと堀内美由紀先生が実況 中継(!)をしています。

        畿央大学のびのびプロジェクト facebooKページ 

▲ページトップに戻る