HOME > ひらそるカフェ

ようこそ “ひらそるカフェ” へ


  写真ほっと一息のコーヒータイム。
  他愛もないおしゃべりの時間でもいいし、
  何も話さずのんびりするものいい。
  そんなひと時をご一緒しませんか。
  美味しいルワンダのコーヒーをいれてお待ちしています。



 

2011年4月17日  城山第二体育館

写真
NPO法人ルワンダの教育を考 える会代表のカンベンガ・マリールイズさんを

お招きしたお茶会を行いました。

写真
 この日はちょうど先日取材を受けた「わくわく城山
 教室」の活動がテレビ放映される日。
 体育館にいた全員が、ステージ上のテレビにくぎづ
 けです。

写真
 番組を楽しんだ後、ルイズさんのお話を聞きました。
 内戦でお兄さんを亡くされ、難民キャンプでの避難生活を乗り越えて
 前に向かうルイズさんの
「生きてさえいれば・・」という メッセージは
 聞いている皆さんの心の 中に静かに響いて
いきました。

 その後、美味しいルワンダコーヒーと紅茶をいただきながら、
 ルイズさん とのおしゃべりに花が咲きます。
 「わくわく城山教室」の子ども達からは、みんなで写真
 FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」を歌っておかえ し。

 ルイズさんの思いが、
 避難所のみんなの思いが、
 未来につながっていきますように・・。




▲ページトップに戻る


2011年9月24日   二本松市民交流センター 

写真

写真


 「のびのびキャンプ 2011報告会」の中で、
 “ひらそるカフェ”を開店しました。


 美味しいコーヒーとお菓子をいただきながら、キャンプの報告ビデオを観て、
 おしゃべりを楽しみました。

▲ページトップに戻る

 

2011年10月9日    LOTUS YOGA STUDIO (福島市)

写真 

 神戸でヨガを教える中山先生が、福島のLOTUS YOGA SUDIOで無料の
 ヨガレッスンを開いてくださいました。
 地震で乱れた脳や身体のバランスを保つ方法、放射線対策の食事やお風
 呂、放射線に負けないオーラを作る瞑想など、福島に住む私達にとって
 嬉しい内容のレッスンでした。

写真

 

   ヨガのポーズと瞑想で心と体がスッキリした 後は、参加者した皆さんに
 コーヒータイムを楽しんでいただき、交流を深めていただきました。

  
 ※ヨガレッスンの様子は、LOTUSYOGASTUDIOさんのブログからご 覧いただけます。               
http://kaerun884.blog64.fc2.com/blog-entry-523.htm
      http://kaerun884.blog64.fc2.com/blog-entry-524.html

▲ページトップに戻る


2011年11月1日    安達運動場 & 大平農村広場 仮設住宅集会所


写真 NPO法人ルワンダの協力を考える会と、
 ふくしまの笑顔をつなぐボランティアグループ写真
 ひらそるが共催した“ひらそるカフェ”

 午前中は、244戸の仮設住宅が建設された安達
 運動場の
集会所を訪問。
 ルイズさんのお話を聴きながら、ルワンダの
 
 コーヒーと紅茶を楽しんでいただきました。


写真
写真 午後は、大平農村広場の仮設住宅を訪問
   昼下がりのひととき、集会所の中には
 美味しいコーヒーの香りが漂いました。

▲ページトップに戻る


2011年11月2日 杉内多目的運動広場 & 岳下住民センター 仮設住宅集会所



写真 今回のひらそるカフェは、広大な運動広場の中に234戸が並ぶ
 杉内多目的運動広場にお邪魔しました。
写真
 ルイズさんが静かな語りで遠く離れたルワンダ
 から日本の被災した皆さんに届けられたメッ
 セージや歌を伝えます。
 


写真
写真 午後は、アイドル猫のミーちゃんがいる
 岳下住民センターへ。
 お茶会の跡はルイズさんを囲んでの記念撮影。
   ルワンダのコーヒー、紅茶が飲みたくなった
   ら
、いつ で も声をかけてくださいね。

▲ページトップに戻る


2011年11月15日 郭内公園 仮設住宅集会所

 
写真
 郭内公園にある仮設住宅集会所で、ルイズさんのお話とお茶会です。

 ルイズさんが日本で初めて見た海は浪江の海。
 ルイズさんの思いと参加者の皆さんの思いが重なります。


写真   最後は、ルイズさんの帽子のファッションショー。
 この帽子、実は一枚の大きな布でした。

 ルワンダの女性がお年頃になると必ず一枚は持ち歩くというこの布、
 帽子にも、洋服にも、水着にも、バックにも、おぶい紐にもなる
 すぐれものなのです。


▲ページトップに戻る


2011年12月25日   岳下住民センター 農村婦人の家

 
写真


 12月28日に開催される「絆まつり」準備で、
 岳下地区婦人会と仮設住宅婦人会合同の
 イカ人参作りを行いました。
写真

  作業の後は、お茶とお菓子でホッと一息。
  地元婦人会からは地域情報を、仮設婦人会からは避難時の状況など
     の話が出て、お互い熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
  
写真
 写真                   
 終了後は、仮設集会所でリリバーズの
   ハンドベル演奏会。
 浪江焼きそば大王が飛び入りして、子どもに
 焼きそばのクリスマスプレゼント。
   みんなの上に、メリークリスマス♪

▲ページトップに戻る


2012年1月9日 岳下住民センター & 旧平石小学校 仮設住宅集会所

 
写真
写真
 ルワンダの教育を考える会のルイズさんと、 
 奈良県から来福した畿央大学の皆さんに
   ご協力いただいて、“ひらそるカフェ”の
 開店です。



写真
写真
                
 集会所に二台あるコタツを囲み、
 おしゃべりの花が咲きました。



写真
   牛後は、一番早く自治会が立ち上がったという旧 平石小学校の
   仮設住宅集会所にお邪魔しました。

  
写真 写真


 女子大生とおじいちゃんは、
 なぜか話が合うのです。



  理学療法を学ぶ学生さんによる軽体操。
  身体と心がリラックスすれば、自然と笑顔がこぼれます。

写真写真写真


写真
    参加してくださったおひとりが、最後に
   こう話してくださいました。

  「私 達はいつ帰れるか分かりません。
  毎日不安で、夜はぐっすり眠れません。
  だけど・・、こうやって笑っていると 
  前に進める気がします。楽しいことが
  明日への力になるのです




  
写真            
楽しい時間を届けよう、ホッとする空間を作っていこう。

いただいた言葉と思いを胸に、“ひらそる”はこれからも
小さな笑顔の輪をつないでいきます。


▲ページトップに戻る


2012年1月18日 大熊町仮設住宅(会津若松市 扇町5号公園) 

                       

写真

    今回は、会津若松市にある大熊町の仮設住宅にお邪魔しました。
       ここにはルイズさんの古くからのお知り合いが避難されています。

写真

戸数15戸の扇町5号公園仮設住宅は
皆さんとても仲良しで全員が家族の
ようです。
笑いあり、涙ありのカフェタイム。
美味しいお雑煮もいただきました。



    写真左下は、福島テレビの名和田知加アナウンサー。
    
http://www.fukushima-tv.co.jp/blog/2012/01/post-27.html
     この日の様子は、2月12日9:45〜福島テレビの「うつくしま情報局」で放映されました。

▲ページトップに戻る


2012年2月12日 & 2月26日  岳下住民センター仮設住宅集会所           

写真写真
   JOCV リハビリテーションネットワーク
  (青年海外協力隊作業療法士OB会)の
  作
業療法活動にお邪魔してひらそるカフェ
  をOPENです。


  リハネットの 皆さんが、丁寧なマッサージ
  と手芸品を指導される傍らで、コーヒーを楽しんでいただきました。

写真

 26日は、JICA二本松でモンゴル語を教えているナランさんが参加。
 ルワンダのルイズさんとモンゴルのナランさん。
 穏やかな人柄と流暢な日本語を操るお二人に参加された皆さんの
 笑顔が広がります。

写真

   
 ここ岳下住民センター仮設住宅では、毎月
 ひらそるカフェを開かせていただくことに
 なりました。

 次回も、楽しく和やかなひとときをご一緒
 しましょう。




▲ページトップに戻る


2012年3月3日 市民交流センターギャラリー

写真写真

3月3日のひな祭りには、
にほんまつ桜写真展会場で
“ひらそるカフェ”を OPEN♪




    にほんまつ未来創造ネットワーク主催の桜写真展は、今年で3回目の開催です。             
    昨年は会期途中に東日本大震災が発生し、ギャラリーの天井が落ちて中止になりました。

写真

  あれから一年。

   今年はいつもの二本松の桜に加え、
  避難されている浪江町からお借りした
  請戸川の桜写真も展示されています。

  今年は見る人のいない桜並木。 
  それでも桜は静かに綺麗に咲いているかな。


▲ページトップに戻る


2012年3月14日 岳下住民センター仮設住宅集会所

写真
この日のカフェは、ルイズさん手作りのルワン
ダ料理試食会。
写真
ワ ンダに住むマリールイズさんのお母さんが送ってくださったカラフルな布地のプレゼントもありました。

   この布地が皆さんの手でどんな作品に生まれ変わるのか楽しみです。

▲ページトップに戻る