HOME > 活動目的

ふくしまの笑顔をつなぐボランティアグループ“ひらそる”について

ふくしまの笑顔をつなぐボランティアグループ “ひらそる” は、
2011年3月11日に起こった東日本大震と津波及びそれに伴う
東京電力
福島第一原子力発電所の事故により、住み慣れた地域を離れ、
二本松市に
避難を余儀なくされている方達と地域住民との絆をつなぎ、
お互いの
笑顔を増やすと共に、二本松における新たなコミュニティー
つくりに
寄与することを目的に結成されたボランティアグループです。

3年目以降は他団体とゆるやかにつながりながら「ふくしまの子ども達の 
笑顔を増やす活動」を継続しています。 


 


▲ページトップに戻る